お得に脱毛サロンを利用するコツ!料金の仕組みを理解する

お得脱毛女性

施術中の痛みが少なく、サロン独自のオシャレな空間で受けられる脱毛サロンが人気です。

医療脱毛に比べて料金が安いという面でお得感の強さを持っていますが、脱毛サロンには異なる料金プランがあるため要注意です。間違った料金プランを選んでしまうと余計な費用を支払う羽目になるため、慎重に選びましょう。

基本として、脱毛サロンの多くで月額制と回数制の料金プランを用意しています。

月額制の料金プラン

まず、月額制の料金プランですが、契約した後に毎月一定額の料金を支払うという方法です。月額1万円の脱毛サロンを利用する場合、支払い開始月から毎月1万円を連続で支払う流れになります。

途中で脱毛サロンの利用を止めた場合、利用した月の分までの支払いで終わります。その次の月以降の料金は請求されません。

この支払い方法は月謝方式に分類されるタイプで、月額制にはもう一つ、分割方式の支払い方法も用意されています。
分割方式の場合、契約プランの総額が予め決まっています。

この総額を月々に分けて支払うという仕組みです。住宅ローンやマイカーローンのような支払い方法だと思えば理解しやすいでしょう。

それぞれメリットとデメリットがあります。月謝方式のメリットは、利用した分だけの支払いで済むことです。デメリットは長く通い続ければ続けるほど、支払いの総額が増えてしまう点です。

分割方式のメリットは総額が決まっているため、支払いに必要な金額がわかりやすく、管理しやすいことです。デメリットは中途解約を依頼すると、手数料を請求されるケースがあることです。

回数制の料金プラン

次に、回数制の料金プランですが、回数というのは脱毛サロンで施術を受ける数のことだと思いましょう。

6回コースや12回コースなど、色々なプランが用意されています。両脇6回コースを契約したなら、脱毛サロンで両脇の施術を6回受けられます。

回数制のコースを選ぶと、予め決められた料金を一括で支払うのが一般的です。仮に両脇6回コースが4000円なら、4000円を支払ってからコースを受けられるという流れです。

月額制の分割方式を、一括払いに変更したような内容だと理解すれば良いでしょう。

回数制のメリットは最初に全額を支払うため、後は料金の支払いを気にせずに最後まで通い続けられる点です。デメリットは契約時にまとまったお金を準備しなければならず、費用の負担が大きく感じられることです。

まとめ・月額制と回数制のメリット・デメリット

ここまで月額制と回数制の仕組みやメリット・デメリットを説明しましたが、お得に利用するコツとして、自分が脱毛サロンをどのように利用したいのか、サービスを期待するのかで判断するのが重要なポイントです。

月額制はまとまったお金を今すぐ用意できない利用者に向いています。貯金が少ない立場であったり、全身脱毛や広範囲の部分脱毛など、高額な脱毛プランを契約したい場合に有効です。数千円~1万円程度の支払いであれば、月々のお給料の範囲内でも無理なくやりくりできるでしょう。

月謝方式のプランは、お試し感覚で脱毛サロンを利用したい場合にお得な制度です。通った分だけの支払いで済み、途中でやめても手数料がかかりません。実際に施術を受けて自分に合わないと思ったとき、すぐに別のサロンへ乗り換えるのが簡単です。

逆に、月謝方式を利用してその脱毛サロンを気に入ったのなら、分割方式や回数制プランの契約に切り替えるのが良いでしょう。分割方式や回数制なら、契約した期間や回数分だけ通えるため、毎月利用しなくても料金を無駄に支払う必要がないからです。

回数制は長く通いたい人に向いています。回数が多くなるほど1回あたりの料金が安くなる他、回数制に限りシェービング代が無料になるサロンも存在するため、月額制よりもお得に利用できるチャンスの多さが魅力です。

おすすめ記事:全身脱毛をお得に利用する方法